わきが治療、ワキガ手術に関する正しい情報を知ろう

振り返る女性

ワキガとは

ワキガとは、正式には「臭汗症」と呼ばれています。
この原因は、アポクリン汗腺という汗腺が過剰に働くことが原因で起きる症状です。
アポクリン汗腺から出る汗には、脂質やタンパク質を多く含んでいます。そして、この汗を雑菌が分解することによって臭いが発生するのです。

運動したときや暑さを感じたときにかく汗は、エクリン汗腺という部分から分泌されています。エクリン汗腺から出る汗は、ほとんどが水分で、それ自体には臭いはありません。
「汗臭い」と感じるのは、汗に古い皮脂や角質が混ざり、それを雑菌が分解するためです。
しかし、この汗の臭いは、ワキガの臭いとは全く異なります。
ワキガの汗は、成分そのものが異なるため、雑菌によって分解された時に放つ臭いも異なるのです。

エクリン汗腺は、誰にでもあるものです。無汗症という汗をかけない病気の人以外は、すべての人が全身にエクリン汗腺を持っています。
一方、アポクリン汗腺は、持っている人と持っていない人がいます。
遺伝でその有無や数が決まっているため、両親ともにアポクリン汗腺を持っていない場合には、その子供にもアポクリン汗腺はなく、ワキガになることもありません。
つまり、わきがは体質なのです。

日本人でわきがの人は、全体の10パーセント程度たといわれています。
マイノリティであるために、余計に周りから嫌がられてしまうことが多いのです。