わきが治療、ワキガ手術に関する正しい情報を知ろう

振り返る女性

手術治療

軽度のわきがの場合には、ボトックス注射での改善が可能ですが、中程度、高程度のワキガの人には、別の治療方法が用いられています。
わきがを気にしている人は、一度美容外科で相談してみてはいかがでしょうか?
治療方法によって費用やかかる時間、手術の有無など、異なりますので、まずはどのような治療法、手術法があるのかを知っておきましょう。

■超音波吸引治療法
この方法では、超音波でアポクリン汗腺を除去するという手法が取られています。超音波を発生させる特殊な機器を使って、アポクリン汗腺の組織を破壊します。
この方法であれば、臭いを発する汗を分泌させるアポクリン汗腺自体を除去してしまうため、高い効果が期待できます。
ただ、健康保険が効かない治療で、なおかつ治療機器が高額なため、費用は高くなります。また、この施術を扱っているクリニックも限られてきます。

■脂肪吸引
中程度のわきがの人には、わきの下を1センチほど切って、その部分の脂肪を吸引し、アポクリン汗腺を除去する手術が用いられています。
この手術のメリットとしては、傷跡が目立たず、短時間で施術が受けられるということがあげられます。
日帰りで手術を受けることができるので、仕事や学校の予定にも影響しません。手術後は、少し休んだらそのまま帰宅するが可能です。
しかし、この手術法のデメリットとして、完全にはアポクリン汗腺を除去できるわけではないため臭いを完全に抑えられないという点があげられます。もちろん、臭いを軽減することはできますが、完全になくすのは難しいのです。

■剪除法(せんじょほう)
剪除法という手術も、ワキガ治療で広く用いられている手法です。
わきの下を3~4センチほど切開し、直接目で確認しながらアポクリン汗腺を切除するという手術です。
この手術の一番のメリットは、確実に臭いをなくすことができるという点でしょう。
切開手術でアポクリン汗腺自体を取ってしまうのですから、臭いを発生させる元がなくなるのです。
また、この手術では、健康保険が適用されます。ワキガ治療のほとんどは保険が効かないものばかりですから、費用面でもメリットが大きいといえるでしょう。
しかし、デメリットとして、手術跡が残るということ、手術後の合併症などのリスクがあることがあげられます。
効果の高い治療だけに、副作用のリスクもあるのです。ごくまれにではありますが、術後、わきの下の皮膚が壊死してしまう可能性もあるのです。
この手術を行う場合、手術後の合併症を抑え、患者さんの安全を確保するために、術後数日間の入院が必要です。

このように、ワキガ治療には、症状の程度に応じて様々な治療法があります。
費用やメリット面、デメリット面などにも違いがありますので、適切な治療法を探してみましょう。
まずは、美容外科に行って、診察やカウンセリングを受けてみるといいでしょう。